【FE echoesプレイ日記⑥】リゲル帝国攻略。アルム軍のエースはこの人!

公開日: 

少し間が空いてしまいましたが。、Eechoes攻略記事です。

前回はこちら
【FE echoesプレイ日記⑤】ドーマの塔攻略。ジュダとの決戦…?

アイキャッチは攻略中の支援会話でのニヤニヤシーン。
普通に、このカップルは好きです。


 
さて、前回でセリカ軍の3章の攻略が終わりました。

ジュダの力(?)で塞がっていた道が開き
進軍が止まっていたアルム軍が、ようやく動かせます。

次なる相手は


ちょっとイケメンなマグナムさん。
FEのモブボスキャラとしては珍しいタイプかも。
性格も忠義に熱い、好感が持てるキャラでした。
 

なんか普通に三姉妹って書いてあるですが
その単語初見なんですが、それは。
魔女の召喚&オーラの攻撃力は、相当厄介です。


今回のうっかりその1。
このマップ、初期配置が大きく2部隊に別れていたのに気づかず。
片方の部隊の戦力が貧弱且つ偏りすぎて
飛来してくるガーゴイルとワープしてくる魔女にやられる。


うっかりその2。
戦力を集中させた本隊と、敵の砦の間にある橋が上がっていることに気づき
通れないと思って、再編成(リセット)
後に、移動力下がるけど、川を通れることに気づく。


うっかりその3。
ボスは動かないと思い込んでたら、普通に動いて攻撃してきた。
ヘステのオーラは回避したものの
続くマグナムの凶刃にジークが倒れる。(ミラの歯車)

そんな相変わらずの感じです。

橋上の戦闘は、中々に苦戦しました。
橋が上がっているので、移動を妨げられつつ
対岸には魔導士とボウナイトが布陣しているといういやらしい配置。

アルム・神官のエフィ・魔封じの盾装備のルカを前面に出しつつ
打ち漏らした敵は遠距離からクレアが遊撃するという作戦で何とか攻略しました。

このマップでティータがリザーブを覚えました。
ついに自軍にも範囲回復役が出来ました。

そして

何か凄い技の名前を覚えました。
「アルム奥義」という、シンプルこの上ない説明。
消費HPの多さが、威力の高さをうかがわせます。

マグナム部隊を倒したあと
未だ下級職で頑張っていたキャラがいたのですが
さすがに使い物にならなくなってきたので
恐山のほこらへクラスチェンジしに戻します。


ソルジャーからアーマーナイトへ。
HP・力・守備が強化されたので、盾役として使えるようになりました。


アーチャーからスナイパーへ。
相変わらず微妙な性能…特にコメントはなし。


傭兵から剣士へ。
こちらもあまり変わらず。
いい加減、いかずちの剣は外した方がいいのかも。


ソシアルナイトからパラディンへ。
ステータス上昇は少ないですが、もともとある程度優秀です。
クラスチェンジさせるのが遅かったかな…
あと魔防の脆さが、結構な弱点です。
これがマチルダと比べて、見劣りしてしまうんだよなー。

他には

マチルダさんが、パラディンからGナイトへクラスチェンジしました。
HPと守備が強化され、前衛役としてますます安定感が出てきました。
魔防も高いので、対応できる幅が広いですね。

さて、戦力も充実させたところで進軍を進めます。
次は、リゲル城前の最後の要塞ということで
ここを突破すれば、皇帝ルドルフが待つリゲル城の最終決戦が待ってます。


対する相手はなんとかさん。
確か、アルム達の幼少時代や序盤に襲ってきた記憶がありますが
よく覚えていません。
祖国ソフィアを裏切り、リゲル帝国に亡命したそうです。
弱そう。

 

強い。
なんとかさんと共に、要塞にて立ちふさがるボスキャラです。
ステータスもそこそこ強いんですが、なんといっても


この嫌らしい配置で、能力の高いボウナイトはなかなか厄介です。
要塞内に進軍するまでに、ボウナイトと魔導士の波状攻撃に耐えなければいけません。
砦の出入り口には、バロンが立ちふさがっています。

ちなみに何とかさんは画面上に見切れています。
意地悪じゃなく、どうしても全体を撮れなかったから仕方ないね。

これは、戦術を組み立てながら駒を進めなければいけません。
(ミラの歯車3回くらい使用)

色々考えた結果

右翼は、ジーク・マチルダのGナイトコンビで、力押し。
レベルを上げて物理で殴ればいい的な。


左翼は魔封じの盾装備のルカとアルム。
二人とも物理・魔防共に問題無いけど
歩兵なので移動力が不足しており、攻撃を仕掛けられる回数が多い。
ボウナイトはともかく、魔導士のスライムは中々に威力が高いです。
命中率が低いので割と回避は出来ますが
1~2回くらうとピンチになります。

そこで今回活躍したのが、スナイパーのクリフ。
スライムの射程距離外からの狙撃で、魔導士を射止めていきます。
自然ボウナイトの射程距離にも入りますが
防御が随分と成長してくれたため、充分耐えられます。

クリフは、左翼の魔導士を一蹴しつつ右翼へ回ります。

ここら辺で自動回復性能を持っていないキャラが疲弊してきます。
ルカやマチルダなどですね。

前回のマップでリザーブを覚えており
そもそもリブローも持っていたティータが全体の回復をフォローし
クリフで魔導士を一掃した後に、神官のエフィが前線に回り、Gナイト二人の回復を担当します。


ミラの歯車は使っていますが、右翼は中々順調。

問題はボスのミューラーがいる左翼です。
ボウナイトの攻撃力は大したことないとはいえ
さすがにボスキャラは銀の弓を装備していたり
素早さもそこそこあるので、キャラによっては再攻撃を取られてしまいます。

更に進軍するのが歩兵のため、時間がかかる。
うーん。

 
 
一撃必殺。

前のマップで覚えたばかりの、覇神断竜剣です。
色々、マップ確認しているうちに思い出しました。
間接攻撃も出来る技で、必殺も発動し、96ダメージをたたき出しました。


更にここらへんでワープの存在を思い出します。
アルムを砦内部に送り、無双させていきます。


奥のバロン達も、ジークで一体ずつ着実に撃破していきます。
さすがにバロンだけあり、攻撃は通りづらいですが
ジークの技が高く、必殺が頻発したため、スムーズにいきました。


あ、なんとかさんはバロンより弱かったです。

その後はジーク&アルムで砦内を駆け巡り、特に大きな問題なく片付けていきました。

そういえば、今作では

こんな感じで、特効特性を持つキャラに!マークが出るようになったんですね。
危うくクレアを進めるところでした。
危ない。


仲間になったばかりのジークが、今回かなり活躍してくれました。
全能力が高いアルムは勿論強いですが
それ以外のキャラだとジークがかなり強いですね。
やはり攻撃・防御・魔防のバランスが良いキャラは使いやすいです。

更にアルムには無い特徴として
騎兵なので移動力が高く、更に使い勝手が良いです。
早速エースとして活躍してくれました。
 

リゲル要塞では半分以上のキャラがまともに活躍できませんでしたね。
剣士やソシアルナイトといった中級職は、そろそろ限界に来ているイメージがあります。
敵も普通に上級職ばかりですしね。

あとは戦技とかワープといった
使用頻度が少ないけど、便利なシステムをちゃんと把握しないとダメですね。

ノーマルだから何とかなってる感がものすごいです。

相変わらずのガバプレイで
次回いよいよルドルフ皇帝との決戦に臨みます。
ジュダとは違って、ちゃんとシンボル配置されているから、戦闘になるはず。

今回の攻略記事は以上です。

最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓よかったらクリック応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログへ 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑