【FEechoesプレイ日記 最終回】エンディングと作品レビューなど。お勧め度を評価しました。

公開日: 

7月はちょっとバタバタとしておりました、更新がかなり遅れてしまいましたー。
スロ稼働もちょくちょくしてたんですが、なかなか更新出来ませんでした。

FEechoesについては、ようやくラスボスを倒してクリアしました!

エンディングの展開はありきたりな感じなので割愛しますが
FE恒例の、キャラ達の後日談について、お気に入り&気になったキャラを触れていこうかと思います。

あとは全体的なプレイ感想です。

それではいきましょう。
FEechoesの記事、最終回です。

前回はこちら
【FE echoesプレイ日記⑨】最終決戦! 邪神ドーマとの死闘

 
 
 

↓よかったらクリック応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログへ 
 
 


 
 
さて、いよいよラスボスのドーマと黒幕的存在だったジュダを倒したわけですが
その後アルムとセリカは幸せなキスをしてry

エンディングではFEシリーズ恒例の、各キャラの後日談が出てきましたので
いくつか紹介していこうと思います。
 

まずは、結局使い所がほとんど無かったソニア。
元々は敵に雇われていたのを説得して味方につけたキャラですが
支援会話の内容や、この後日談も前半は普通に善人キャラです。
ヌイババの館に魔女として住みついたという不気味な一文が、気になりました。
どういうことなんでしょうね。
 
 
 

聖女三人娘の1人。
派手な活躍はなくとも、縁の下的な感じで全部隊を支えてくれていた重要キャラ。
普通に相手が気になるんですが、全然分かりません。
 


ネットで調べてみると、どうも相手はセーバーが濃厚らしいです。
えぇ……(動揺)
なんか実は支援関係にあるらしく、それっぽい会話イベントもあるみたいですね。
全然知らんかった。
 
 
 

(相手の男が)いいなぁ……。めっちゃ幸せそう。
特に突っ込みどころはないですが、お気に入りキャラなので。
もっと活躍させたかった。
 
  

同じく、デューテに次いでお気に入りキャラなので。
ユニット性能的には優秀なはずなのに、いまいち生かせなかったのが残念でした。
 
 
 

 

私のプレイでは弓兵にしましたが、適性は魔導士だったみたいですね。
別の大陸っていうのは、アカネイアのことだと思います。
一応、「暗黒竜と光の剣」「紋章の謎」は既プレイですが、クリフに所縁がありそうなキャラっていたっけ?
全く思い出せません。
 
 
 
 

最後の二行が、怖過ぎるんですが。一体どこに行っているんでしょうか。
アルムとの最後の支援会話では、アルムを諦めるみたいな素振りを見せていたのに……怖すぎるぜ。
最初から最後まで、一分の隙も無くヤンデレっぷりを見せてくれたエフィちゃん。

そうそうエフィちゃんといえば…
 
 
 
 
 
 

この動画はお勧めですよ。
最終決戦時のBGMが旧FC版と3DS番の両方詰め合わせになっています。
作業しながらではなく、是非一度は動画を見ながら聞いて見て下さい。

 
 
 
 


で、まあ王道らしい主人公とヒロインの後日談です。
特にコメントはありません。
二人とも、とってもつおかったです。


エンディングの最後に、こんなのが出てきました。
おそらくは戦死者ゼロが条件だと思います。
いやー、挫けずにリセットした甲斐がありましたね(ドヤ顔)

ゲーム内容については以上ですね。
次は、クリアしての感想を書いていきたいと思います。
 

FE echoes もうひとりの英雄王 プレイ感想

まず、私のプレイスタイルは以下の通りです。
それを踏まえて、参考にしてもらえばと思います。

・やり込みや縛りプレイは行いません。普通にプレイして攻略を目指す感じです。
・基本的に攻略サイトはみませんが、どうしても詰まった時・攻略が面倒くさくなった時は見ることがあります。
・相当に面白ければ、周回プレイでやり込むことが稀にあります(うたわれるものとかは周回プレイしてます)
・FEに関しては、全員生存エンド=誰か死んだら即リセット
・FEシリーズの既プレイ作品
⇒「(新)暗黒竜と光の剣(FC)(SFC)(3DS)」
⇒「外伝(FC)」
⇒「封印の剣(GA)」 ※未クリア
⇒「紋章の謎(SFC)(3DS)」 ※どちらも未クリア
⇒「聖戦の系譜」
⇒「覚醒」
⇒「if白夜王国」 ※未クリア

というわけで、以下感想です。
 
 
 
●全体的な感想

まず、普通に良ゲーだと思います。
FEシリーズを知っている人、未プレイの人、どちらも楽しめるんじゃないでしょうか。

でも、旧来のFEシリーズをやっているヘビーユーザーの方には物足りないかも。
稼ぎが出来るゲーム性となっているので、シビアな戦略・戦術・調整が不要です。
極論、敵が強いと感じたら、レベルを上げれば何とかなります。
レベルを上げて物理で殴れば大丈夫なゲームです。

ただ、私は難易度ノーマルでやっていますので、ハードにするとどうなるかは分かりません。
以前に一度、FE覚醒でルナティックを選んでみましたが、あればヤバイです。
もはや詰め将棋状態で、一手のミスも許されないくらいのシビアな動きが必要でした。
2面で諦めて放り投げました。
echoesにはルナティックは無いそうですが、ハードはどんなもんでしょう。
 

●ゲームシステム

これはechoesに限ったことではないですが
FCやSFC時代のシリーズと比べると、DS以降のはかなり親切設計になっていますね。
SLG初心者でもとっつきやすいと思います。

特に敵の攻撃範囲が見える機能は、大変重宝しました。
まあそんな機能があっても、メデューサに何度やられたことか……

スキルの説明は、若干不親切かも。
例)覇王断竜剣の説明⇒アルム奥義

シリーズをやっていると、技名だけでなんとなーく効果が想像出来るものもありますが
一つ一つを着実に完璧に進めていきたいという人には、イラつきポイントになるかも。

私は、まあ使ってみて試せばいいかという感じだし、なんかシュールで面白いと感じました。

あと同じくechoesに限ったことではないのですが
ステータス成長もランダム性が高いので、全然育たないと、これもイラつきポイントになります。

ロビンはさっさと耳鼻科にでも行って、くしゃみ止めを処方されて、どうぞ。
※一応説明すると、ロビンは成長が1項目だけだと、台詞がくしゃみ。しかも頻度が多かった。
 
 
あとは育成面でしょうか。
これは賛否両論だと思いますが
FEシリーズで稼ぎを有にするのは、はっきり言ってマイナス評価ですね。

どのキャラでも好きなだけ育てて活躍させることは出来るのは魅力っちゃ魅力だと思うんですが
やっぱFEは各キャラの個性が強さに直結してほしいな、と。

例えば同じ職種でも、キャラによって使い勝手や強さが全然違うとか。
ダメダメで弱いキャラは全然使えないけど、そこはキャラ愛で育てていく…とかの方が
FEシリーズなら、そっちの方が好きですね、私は。

ちなみに、この点では私は系譜のシステムとキャラが一番好きです。

 

●キャラ/ストーリー

キャラについてはFC版と比べて(と言ってもほとんど記憶はないですが)
どのキャラも深く掘り下げられていて、魅力あるキャラが多かったですね。
新キャラのエフィも、自分的にはめっちゃインパクトありました。
ここは自分的にはプラス評価です。

ストーリーに関しては、FC版と比較すれば、確かに掘り下げられています。
ただ、展開が急だったり無理があったりした感は、かなり強いです。
一言で言うと「雑」な感じがしました。

特にセリカがジュダに生贄になれと言われて、あり得ないくらい素直に従おうとしていたところ。
アルムや味方を人質に…という設定があるにはあるのですが、ちょっと強引過ぎるような気がします。
ストーリー的に引き込まれることは、ほとんどありませんでした。

FC版から改変部分については、細かく覚えていないので、できません。
上に書いたけど、エフィは良かったと思う。

 
 

●BGMや演出

いいです。
全体的に世界観に合っていて、盛り上がる部分で燃えてきます。
戦闘の演出とかもかっこいいし、アニメーションも良く作りこまれています。
これでストーリーがしっかり練られていれば……惜しい……

最終面の「神よ、その黄昏よ」は一聞の価値有です。
 
 
 
●攻略に関して

攻略面に関して、いくつか気になったことなどをメモ書き程度に。

・序盤に仲間になる村人4人組について
村人はクラスチェンジの幅が広いので、この4人の育成が一番プレイヤーの個性が出るのではないかと。

一応それぞれに適性があるらしいですが、男3人は何にしても活躍出来ると思います。
ただアルム軍は弓を使えるのがパイソンしかいないので、1人はアーチャーにした方が良いと思います。

エフィも、何にしても活躍出来ると思います。
ただこれもアルム軍の構成的には、シスターが良かったんじゃないかなと思います。
ティータが加入するまでは、アルム軍の回復役はシルクしかおらず、しかもリカバーしか使えません。
ヌイババの館あたりで、相当に苦労しました。

ティータが仲間になってしまえば、回復役は事足りるので、聖女では後半微妙かもしれません。

防御の成長が良いので、SナイトやPナイトにしても活躍出来ると思います。
私が選んだ魔術師⇒神官にしても、打たれ強く、攻撃力も高く、状況に応じて回復も出来るといった便利な立ち回りをさせていました。

 

・苦労したマップについて
これは間違いなく、ヌイババの館が一番の難関でしたね。
【FE Echoesプレイ日記①】ヌイババ戦 分断&各個撃破作戦の結末は…
 
次点としてはドーマの水門のデューテの説得。
高攻撃力且つすぐに死んでしまうデューテを生かしたままクリアしないといけなかったんですが
これは色々運が味方してくれましたねー。

他は、ラストダンジョンなんかは少し苦労したと思いますが
特に印象に残った程苦労したマップはありませんでした。

ミラの歯車とリセットは多用しましたけど。

 
 
 
・職種について
魔戦士は超重要職種だと思います。
後半は魔術師系の敵が多く、デスやらメデューサやらの高攻撃を半減出来るのは超重要です。
私は終盤まで魔戦士を作っていなかったので、魔術対策にかなり苦労しました。

あとはFナイトですね。
後半になるにつれて魔物系の敵も多くなってくるので、魔物対策は必須です。
エンジェル部隊+Fナイト部隊の組み合わせは作って置いた方が楽です。

私はPナイト三姉妹を仲間にするタイミングが遅くなってしまい
育てるタイミングを逸してしまったため、全軍通してPナイトはクレアだけでした。
Fナイトが2~3騎いれば、だいぶ変わったと思います。
 
 
 
 
 
 
 
……と、好き勝手思うままに書いてきました。
最後に、一応レビューサイトっぽく、各項目に得点をつけてみようかなと思います。

 
~レビュー~
FE echoese もうひとりの英雄王 ★5点満点

システム  ★★★   一部不親切な面もあるが、SLG初心者でも問題ないレベル
キャラ   ★★★★  魅力があり、好感が持てるキャラが多い
ストーリー ★★    強引な展開が多く、あまり入り込めない
音楽や演出 ★★★★★ 素晴らしいと思う

全体    ★★★★
FEシリーズが好きな人、戦記物が好きな人には特にお勧め
シリーズ未経験、SLG初心者でもそれなりに楽しめると思う。
 
 
 
 
 
あと、最後の最後に。
echoesという作品自体には全く関係無いのですが
今回、初めてゲームの攻略記事をブログにアップするという作業をしてみました。

少しでも読んでる人に楽しさを伝えるためには、たくさん画像が必要だろうなと思い
とにかく今回はスクショをたくさん撮ったのですが…

Miiverseの使い勝手が悪過ぎです。
画像を撮るのに時間かかるし、更にそこからPCにダウンロードをして、ブログに張り付けるという
めちゃくちゃ効率悪い作業をしていました。

何度かスマホの直撮りもしてみたんですが、画質が悪過ぎて微妙な感じでした。

とりあえずechoesについてはMiiverseを頑張って使い続けたのですが
撮りたいシーンでいちいちゲームを止めないといけないのが、非常に面倒臭かったです。

まあそもそもMiiverseの機能自体が、一般のブログ用ではなく
Miiverse上でプレイ日記を公開するためのものなので、仕方ないと思いますが。

3DSのゲームでのプレイ日記は、ちょっと面倒臭いなーという感じでした。

それでは、これにてFEechoesのプレイ日記を完結とします。

次にやるゲームなどまだ未定ですので
お勧めのゲームなどあれば教えていただけると嬉しいです。
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓よかったらクリック応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログへ 

 
 
 
 
 
 
スロット実践記事も書いてます。
スロット好きな方、いらっしゃいましたら読んでみて下さい。

スロット実践人気記事
マジハロ第2部開幕! 魔界に行ったり結界を守ったりしました(雑)
【休日はマジハロを打とう(後編)】SUPERなカボチャと悪いカボチャの収穫~スーパーカボチャンス、万枚への道~
【休日はマジハロを打とう(前編)】設定6だ。全ツッパしよう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. akakad より:

    これストーリーの元ネタはジェイムズ・フレイザーの金枝篇なんですよね
    ファルシオンの神殺しも黄金の枝の神殺しからとってるんでしょうし
    登場人物は既定の運命に忠実で原典と重ねてみると儚さや無常観を感じられてすごく良かったと思います

  2. kane0921 より:

    管理人です。コメントありがとうございます。
    何となく神話が元ネタなんだろうなーっていうイメージはあったんですが、それが原典なんですね。
    そっちを知っていると、またストーリーに入り込めて、面白みが深まりそうですね。ちょっと調べてみますね。情報ありがとうございます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑